新規会員登録で200ポイントプレゼント

営業日カレンダー

MOBILE SITE

紅茶専門店プリミアスティーの通販ショップ > プリミアムティーの品質管理体制について

プリミアスティーの品質管理体制について

経営理念

「おいしいから選ばれている!」だけじゃない!

プリミアスティーの目指すもの

私たちは、自然からの贈り物<紅茶>を通して、豊かなライフスタイル創造に寄与し、おいしい幸せをお届けすることで、一人でも多くの方たちの健康生活をサポートしてゆきたいと考えております。 インドから世界に発信するお茶のメーカーとして皆様の中で、常に「心を満たす一杯」であり続ける為に、私たちは様々なチャレンジを日々続けております。

徹底された品質管理体制

1.インド紅茶業界初のISO9002(※)の認定

(※)ISO(International Organization for Standardization=国際標準化機構)とは、物やサービスに国際的な互換性を持たせ、常に一定の品質を保ち製造するための品質システムに関する国際規格で、現在世界100ヶ国以上が参加しています。 10,000種を超えるISO規格の中でも、「ISO9002」は製造から付帯サービスの範囲に適用され、購買、工程管理、検査・試験、内部品質監査、教育・訓練などの品質システムに関する規格です。

2.ISO22000(※)の認定

(※)『食品安全マネジメントシステム−フードチェーンに関わる組織に対する要求事項 (Food safety management systems - Requirements for any organization in the food chain)』の国際標準規格である。 安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCPシステムの手法を、ISO9001(品質マネジメントシステム規格)を基礎としたマネジメントシステムとして運用するために必要な要求事項を規定している。

3.HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point※)の導入

(※)食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード;Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP;必須管理点)を連続的に管理して安全を確保する管理手法である。

4.ISO22000(※)の認定

(※) HACCP の前段階である前提条件プログラムの中心となる基準。 従業員の教育、工場と敷地、衛生作業(一般的な衛生管理)、衛生施設と管理(水の供給、下水の処理、トイレ、手洗い施設、ゴミの廃棄など)、 設備と器具、プロセスとコントロール(原料と成分、製造作業)、倉庫保管と流通、欠陥取り締まり基準が含まれる。

5.JAS(日本農林規格)、 USDA(アメリカ合衆国農務省)、 EU(欧州連合)

おいしい…というのはもはや当たり前です。
それ以前に、大切なお客様にお出しする紅茶ですから徹底された品質管理がとても重要なのです。 百聞は一見にしかず!!

これから皆様をプリミアスティーインド本社にある紅茶工場見学へお連れいたします。

プリミアスティーの紅茶がおいしい理由

プリミアスティーの紅茶がおいしい理由

「おいしいね」と言っていただける"笑顔が見える商品""品質にこだわった商品"それが私たちの考える「心を満たす一杯」です。 心からご満足していただく為に、伝え続ける味と、変化させ続ける味、季節の移ろいや新しいワクワクをお茶に封じ込めて、皆様にお届けしたいと考えております。 プリミアスティーのロゴマークに付されている、PASSION OF PURITY(ピュアへのこだわり)という言葉には100%混じりけのない紅茶を提供したいという思いが込められているのです。

100%混じりのない純粋な原料を使用している商品に対して、インド政府紅茶省が使用を許可しているマークです。プリミアスティーでは、ダージリン、アッサム、ニルギリで認証を受けています。

お茶は母なる自然がもたらした貴重な恵みです。 しかし、農産品であるが故に製造する過程で直接的にも間接的にも不純物が紛れ込んでしまいます。

プリミアスティーでは新鮮な茶葉を最新設備が整った製茶工場で加工し徹底して安全な衛星処理を施しております。 これによって茶葉の不純物はすべて取り除かれ、よりクリーンで上質の紅茶が出来上がるのです。

インドの紅茶業界で唯一導入している「茶葉のクリーニングシステム」このハイテクノロジーが、皆様に「おいしさ」「安心・安全」をお届けする上で欠かせないシステムです。

つまり、プリミアスティーの紅茶に「濁り」や「渋み」が少ないのは 徹底的に不純物を取り除いた結果なんです。