新規会員登録200ポイントプレゼント!会員登録ページへ
送料サービス特典3,000円以上のご購入で送料無料 沖縄・離島は除きます

人気ランキング

  1. best1コンチネンタルセレクション選べる5品セット

    【送料無料】5品選べてお得

  2. best2コンチネンタルセレクション20種合計100Pセット

    【送料無料】20種類を少しずつお試し

  3. best3シルバーマジックティーワンズ6本アソート

    【おとりよせネット太鼓判】プチギフト

  4. best4ロイヤルミルクティー用 濃厚紅茶6本入り

    【送料無料】牛乳を混ぜるだけ!

  5. best5水出し用ティーバッグ ダージリン

    【簡単!】に入れるだけ!

MOBILE SITE

http://www.premierstea.com/

スマートフォンからもお買い物が できます。

営業日カレンダー

MOBILE SITE

ミルクが先か?紅茶が先か?以外と知らないミルクティー事情。


英国ミルクティー論争


紅茶で真っ先に思い浮かぶ国と言えばイギリスです。そのイギリスで代表的な紅茶の飲み方は何と言ってもミルクティーです。そして、なんと100年以上にわたって繰り広げられてきたのが、ミルクティーを淹れるとき、カップに紅茶を注いでからミルクを入れる「MIA=Milk In After(ミルクインアフター)」派と、カップにミルクを入れてから紅茶を注ぐ「MIF=Milk In First(ミルクインファースト)」派による論争です。この順番の違いによっておいしさが変わると言うのです。紅茶が先か?ミルクが先か?両者にはそれぞれ異なる主張があります。

紅茶が先!MIA派の理由

・後からミルクを入れた方が量を加減でき、味を調整しやすい。
・ミルクティーにしたい人だけが後からミルクティーにできる。
・ミルクが後の方が紅茶の風味を損ねない。

ミルクが先!MIF派の理由

・カップに茶渋がつきにくい。
・紅茶を先に注ぐと高温でカップにヒビが入ることがある。
・ミルクが先の方がよく混ざり紅茶の香りが際立つ。

嗜好飲料である以上、基本的には好みの問題なのですが、国民飲料でもある紅茶を愛するイギリス人が、毎日飲む紅茶への思い入れを、ユーモアを交えて主張しあうミルクティー論争。この長きにわたる論争についに決着がつく日がやってきました。

英国王立科学協会が、”ミルクが先”と公式発表!

2003年、イギリスの化学界で最も権威のある世界的な化学研究団体の英国王立化学協会が、「一杯の完璧な紅茶の淹れ方」を発表しました。そのなかで「ミルクが先」という結論を下したのです。ミルクを先に入れた方が、タンパク質の熱変性が少なく、ミルク臭のしないすっきりとしたおいしさにつながると、科学的に立証したのです。その理由はこうです。
「ミルクは紅茶を注ぐ前にカップに入れるべきである。なぜならミルクのタンパク質は、75度になると変化が生じることが確認されているからである。もしミルクを熱い紅茶に注ぐと、少量ずつのミルクが熱い紅茶のなかに入ることになり、その高温によって確実にタンパク質の熱変性が起こることになる。反対に冷たいミルクに熱い紅茶が徐々に注がれれば、ミルクの温度はゆっくり上昇するため、熱変性ははるかに起こりにくくなる。ミルクと紅茶が一度混ざってしまえば、紅茶の温度は75度を下回るはずである」

”ミルクが先”は日本では当てはまらない?!



ただし、これには前提条件があります。それは、新鮮な低温殺菌牛乳を使用するということです。発表のなかには、「超高温殺菌牛乳(120~130度で2秒間殺菌)ではなく、低温殺菌牛乳(63~65度で30分殺菌、または73度で15秒間殺菌)を使うこと。超高温殺菌牛乳では、すでに一部のタンパク質が熱変性してしまっているからである」とあります。日本で市販されている牛乳は、そのほとんどが世界標準ではない超高温殺菌牛乳です。加えて、イギリス人がこだわる、ノンホモジナイズド牛乳(不均質化牛乳)ではなく、ミルクに含まれる脂肪の球を細かく砕いて脂肪分を均等にする処置が施された、ホモジナイズド牛乳(均質化牛乳)です。これでは、すでにタンパク質が変質してしまっていますし、均質化処理により初めから滑らかですっきりした風味が損なわれていますので、超高温殺菌牛乳を使用する限り、この検証結果は当てはまらないかもしれません。

「ミルクインアフター」の良いところ


日本ではミルクを後から入れた方が利点が多いかもしれません。いつも決まった茶葉で毎日ミルクティーを淹れるイギリス人と違って、初めて使う茶葉も多い日本人の場合、茶葉にどのくらいの力があるのか分かりにくく、ミルクを先に適量入れにくいですし、イギリスの硬水と違って軟水の日本では、ブラックティーだけで十分においしく飲める紅茶も多く、カップに注いだ水色を楽しみながら、茶葉によって後からミルクティーにするといったことも可能です。このような事情から、日本ではミルクを後から入れる「ミルクインアフター」派が圧倒的に多いのもうなずけます。イギリスと日本では、水質も紅茶を飲む習慣も違いますが、ミルクインアフター派のあなたも、一度ミルクインファーストで飲んでみて、英国気分を味わってみるのも楽しいかもしれませんね。