新規会員登録200ポイントプレゼント!会員登録ページへ
送料サービス特典3,000円以上のご購入で送料無料 沖縄・離島は除きます

人気ランキング

  1. best1コンチネンタルセレクション選べる5品セット

    【送料無料】5品選べてお得

  2. best2コンチネンタルセレクション20種合計100Pセット

    【送料無料】20種類を少しずつお試し

  3. best3シルバーマジックティーワンズ6本アソート

    【おとりよせネット太鼓判】プチギフト

  4. best4ロイヤルミルクティー用 濃厚紅茶6本入り

    【送料無料】牛乳を混ぜるだけ!

  5. best5水出し用ティーバッグ ダージリン

    【簡単!】に入れるだけ!

MOBILE SITE

http://www.premierstea.com/

スマートフォンからもお買い物が できます。

営業日カレンダー

MOBILE SITE

【紅茶ビギナー必見!】美味しい紅茶の淹れ方

紅茶のゴールデンルール

tea-utensil-459344_640
紅茶は茶葉や水によって味、香りが大きく変わります。
今更聞けない紅茶のルールを少し紹介していきたいと思います。

どんな水を使えばいいの?

汲んですぐの水を使うといいでしょう。紅茶は軟水が良いとされていて、日本の水道水は幸いにも軟水なので紅茶に向いています。経済的にも助かりますね。
汲んですぐの水が良い理由としては空気をたくさん含んでいるからです。温度は沸騰直後の100℃前後が良いです。
ぬるすぎたり、暑すぎると茶葉から成分が抽出されにくくなります。

どんなティーポットを使えばいいの?

ティーポットは陶磁器やシルバー製、ガラス製のポットが好ましいです。
鉄などのポットを使用すると紅茶成分のタンニンと鉄分が化合して香りを失うとともに水色も濁ってしまいます。


紅茶をおいしく淹れる手順

hot-how

【ホットティー(リーフ)の美味しい淹れ方】

1.用意するもの。
リーフティー、ティーポット、ティーカップ、ティーストレーナー(茶こし)、ティーコージー、キッチンタイマー
2.あらかじめ温めておいたティーポットに杯数分の茶葉をはかり入れます。(茶葉の大きさで分量は異なります)
3.沸騰したてのお湯を注ぎ入れ、じっくり蒸らします。※ティーコージをご利用になると保温効果がアップします。
4.あらかじめ温めておいたカップに紅茶を注ぎ入れます。


ice-how

【アイスティー(リーフ)の美味しい淹れ方】

1.用意するもの。
リーフティー、ティーポット、ティーカップ、ティーストレーナー(茶こし)、ティーコージー、キッチンタイマー
2.あらかじめ温めておいたティーポットに杯数分の倍量の茶葉をはかり入れ濃いめの紅茶を作ります。
3.沸騰したてのお湯を注ぎ入れ、じっくり蒸らします。リーフの大きさによって蒸らし時間が異なります。
4.氷の入ったグラスに注ぎ入れます。


sankaku-hot-how

【ホットティー(ティーバッグ)の美味しい淹れ方】

1.カップは予め温めておきます。
2.沸騰したての熱湯をカップの9分目くらいまで注ぎます。ティーバッグをカップの縁から滑らせるように静かに入れます。
3.ソーサーで蓋をして1〜1.5分蒸らします。
4.ティーバッグをお湯の中で軽く振って、カップの縁から滑らせるように引きあげます。


sankaku-ice-how

【アイスティー(ティーバッグ)の美味しい淹れ方】

1.カップをあらかじめ温めておきます。
2.氷の入ったグラスとティーカップを用意し、沸騰したての熱湯をカップの9分目くらいまで注ぎます。ティーバッグ(2P)をカップの縁から滑らせるように静かに入れます。
3.ソーサーで蓋をして1〜1.5分蒸らします。
4.ティーバッグをお湯の中で軽く振って、カップの縁から滑らせるように引きあげます。
5.氷の入ったグラスに注ぎ入れ、急冷します。

tea-bag-assam
プリミアスティー コンチネンタルセレクション


どうしてもミネラルウォーターを使いたい場合
splashing-164355_640

紅茶を淹れるにあたって水の存在はとても大事なものです。
たかが水、されど水!
日本の水は軟水で紅茶には適していますが蛇口を伝っているうちに空気が減少していきます。
なので湯沸しの際は勢いよく水を入れてやることで空気を吹くますことができます。
水道水がない環境では市販のペットボトルに入ったミネラルウォーターを使うこともあります。
その際は必ず軟水を選ぶのが鉄則です。
またミネラルウォータには空気が殆ど含まれていないのでなるべく開封後にボトルを降り
高い位置から湯沸し器具に注ぎ入れ空気を含ませる事を意識すると良いでしょう。