新規会員登録200ポイントプレゼント!会員登録ページへ
送料サービス特典3,000円以上のご購入で送料無料 沖縄・離島は除きます

人気ランキング

  1. best1コンチネンタルセレクション選べる5品セット

    【送料無料】5品選べてお得

  2. best2コンチネンタルセレクション20種合計100Pセット

    【送料無料】20種類を少しずつお試し

  3. best3シルバーマジックティーワンズ6本アソート

    【おとりよせネット太鼓判】プチギフト

  4. best4ロイヤルミルクティー用 濃厚紅茶6本入り

    【送料無料】牛乳を混ぜるだけ!

  5. best5水出し用ティーバッグ ダージリン

    【簡単!】に入れるだけ!

MOBILE SITE

http://www.premierstea.com/

スマートフォンからもお買い物が できます。

営業日カレンダー

MOBILE SITE

紅茶のカフェインを知って適切なタイミングで飲もう!

coffee-1030971_640

紅茶に含まれるカフェイン量

カフェインというとまずコーヒーを思い浮かべがちなのですが実は紅茶にも含まれているのです。
カフェインの主な作用としては、覚醒作用と利尿作用があり、1日に約250mg以上摂取すると夜中に目覚める回数が増えるという研究結果があります。
紅茶とコーヒーでは紅茶の方がカフェインの含有量は多いと言われています。
しかし一杯あたり150ccに対して使用するのは紅茶の茶葉(2~3グラム)、コーヒー豆(10~12グラム)と使用量が異なり一杯あたりのカフェイン含有量は紅茶(50グラム)、コーヒー(約100グラム)と2倍の差でコーヒーの方がカフェインが多いという結果が得られています。

tea-cups-264343_640


紅茶に含まれるカフェイン量

紅茶の抽出方法によってカフェインの出方も変わってきます。
紅茶はお湯で茶葉を蒸らして抽出する方法と、茶葉を水に入れて8時間ほど置いて水出しする方法の2種類があります。
抽出方法とカフェインの含有量を比べてみるとお湯で蒸らす抽出方法がより多くのカフェインを含みます。カフェインの性質的にお湯の方が抽出されやすいからだと言われています。


寝る前に紅茶は避けた方が良い?

寝る前にカフェインを含むものを飲むと睡眠の質が落ちると言われていますが実際の所、睡眠に影響を及ぼすのは250mg以上摂取すると良くないとされています。逆に寝る前に飲む紅茶はリラックス作用があるので寝つきが良くなり自律神経の向上につながるとされています。ただ紅茶もコーヒーも決して胃には優しいとは言えないのでミルクなどを入れて飲むのが良いでしょう。
milk-92153_640
紅茶の本場、イギリスの文化で寝る前にベッドで飲む『ナイト・ティー』と呼ばれるティータイムがあります。1日の出来事を思いだしながら明日の予定を考えて心を落ち着かせる役割があります。
どうしてもカフェインが気になるという方にはノンカフェイン紅茶やデカフェ紅茶などもあります。
デカフェ紅茶とは従来のカフェインが含まれた紅茶からカフェインを80〜90%取り除いた紅茶で、妊婦の方でも問題なく飲むことができます。